読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちじょうみだれがき

役立ち情報から雑記まで幅広いジャンルを展開するブログ。

字を書く機会が減り、字が書けなくなりました

f:id:ChihaYuu:20140901163442j:plain

少し大げさですが、タイトルの通りでございます。

今の時代、携帯電話やパソコンがあれば連絡が取れちゃいます。今時、文通で連絡を取り合ってる人は少ないでしょう。

 字が書けない

先日、感想文を書く機会がありました。普段は書類に氏名を書く時ぐらいしかペンを握らないので、久しぶりに長い時間ペンを握りました。

いざ書こうと思った時、ペンが進みません。なんと・・・ひらがなをド忘れしました。

なんとか書き始めるものの、バランスの悪い字しか書けません。もともと字は下手なのであまり気にしていませんでしたが、あまりにも酷い・・・。ひょろひょろした字しか書けません。漢字に至ってはもうボロボロ(笑)便利な予測変換機能に頼っていたので、書きたい漢字がわからない。

読みはわかるんです、書きができません。

さすがの僕も、これには危機感を感じました。

なぜ書く機会が減ったのか

上に書いた通りですが、携帯電話やパソコンの連絡ツールの発達です。

それらの発達により、わざわざ手書きで書く必要がなくなりました。

上記に加えて僕の場合、1日中パソコンにむかってカタカタしているので、書くという事をしません。タイピング命です。

これからどうなるのか

これから僕はどうなってしまうのだろう。このまま、字というものの書き方を忘れてしまいそうな予感です。あまりにも書けなくて、軽く危機感を感じています。

これから先、色々な場面が機械化されるでしょう。

1つ例にあげると、飲食店での順番待ちシステム。これ結構前から機械化されてますよね。わざわざ名前を書かなくても、ボタンを押すだけでいいんです。

名前を書く、こんな動作ですら省略可されるのです。名前を書くのがめんどくさいだろうと思って導入した機械ってわけではありませんが。

この先も、あらゆるシーンで書く機会は減るでしょうね。機械化、機械化で。

今やオフィスなどの受け付けを「iPad」で行う時代なんですから。

最後に

どんどん機械化されて便利になるのはいいのですが、なんだか怖いですね。

数十年後には、紙に書くという動作すらなくなっているんじゃないかと思ってしまうほどです。それぐらい今の世の中は進化していると僕は思っています。

みなさんも一度、手書きで文を書いてみてください。もしかすると僕のように、書けなくなってるかもしれませんよ。

 

広告を非表示にする