Windows標準のペイントで画像にモザイクをかける便利な方法

出先などで撮った写真をブログ等に掲載したい!


けど...
他人の顔がガッツリ写っている。そんな経験ありませんか?


この記事では、Windows標準のペイント機能で、
簡単に「モザイク処理」を行う手順を紹介します。


モザイクに卑猥な印象があるのは僕だけじゃないだろう。


非常に簡単で直ぐに実践できるので、ぜひお付き合いください。

1.モザイクをかけたい画像を準備


モザイク処理を行う画像を準備します。
部屋の片隅に放置されてた「ドラえもん」の貯金箱に協力してもらいます。


f:id:ChihaYuu:20141011142348j:plain


この満面の笑みが非常に腹立たしい。

2.右クリック「編集」でペイントを起動


画像ファイルを右クリックして「編集」を選択。
ペイントが起動して次のような画面になるはずです。


f:id:ChihaYuu:20141011143005p:plain

3.編集開始


上部のツールバーから選択をクリック(赤丸の部分)


f:id:ChihaYuu:20141011143402p:plain


モザイクかけたい対象範囲をドラックで選択します。


f:id:ChihaYuu:20141011144219p:plain


選択した範囲の右下にマウスを移動させてください。


f:id:ChihaYuu:20141011144542p:plain


赤丸の場所までマウスを移動させると、カーソルが表示されます。
カーソルが表示されたら、左上に向かってドラックして画像を縮小させます。


ドラッグで画像をおもいっきり縮小。


f:id:ChihaYuu:20141011144717p:plain


縮小後、縮小前のサイズになるまでドラックして拡大します。


f:id:ChihaYuu:20141011144918p:plain


この時点で、薄っすらモザイクがかかった「ドラえもん」になりました。
モザイクをかける作業はこれだけの簡単操作です。


縮小・拡大を繰り返すことでモザイクの濃さを調整できます。

4.完成

f:id:ChihaYuu:20141011145320p:plain


高機能な画像編集ソフトを使用しなくても大丈夫。
こんなに簡単にWindows標準のペイントでモザイク処理ができます。


お絵かき程度しかできないと思われがちなペイントですが、
使い方を知っていれば色々なことができる万能品です。


モザイク処理を行いたいけどやり方がわからないという方の参考になれば幸いです。