にちじょうみだれがき

役立ち情報から雑記まで幅広いジャンルを展開するブログ。

無料なのに高機能!GIMPで画像に吹き出し文字を入れる方法

画像編集をしたいけど、Windows標準ペイントじゃ限界。Photoshopを買うほど余裕はない。

そんな貴方には「GIMP」がオススメです。

GIMPは無料なのに、高機能な編集ができる優れもの。今回は、GIMPで画像に吹き出し文字を入れる方法を紹介します。記事で使用しているGIMPのバージョンは、Ver2.8.8です。

GIMPとは

フリーソフトですが、有料画像編集ソフトと比べて遜色ないレベルで機能が充実しているソフト。これひとつで、一通りの画像編集は行えると言っても過言ではありません。

ネックなのは、起動に若干時間かかるところですが、気になるレベルではありません。

GIMP公式サイト
f:id:ChihaYuu:20141011212238p:plain
http://www.gimp.org/

ダウンロードは上記リンクから出来ます。

画像に吹き出し風文字を入れる

まずは、僕が作成したものを見てください。お粗末なものですが甘く見てね。

編集前
f:id:ChihaYuu:20141011215933j:plain

編集後
f:id:ChihaYuu:20141011221514j:plain

吹き出しを作成する手順

1.編集したい画像をGIMPで開きます。
f:id:ChihaYuu:20141011224447j:plain


2.レイヤーを追加
レイヤーを追加。「レイヤー」→「新しいレイヤーの追加」
f:id:ChihaYuu:20141012085148j:plain

透明レイヤーを追加してください。
f:id:ChihaYuu:20141012095519j:plain

3.テキストを入力
「ツール」→「テキスト」を選択。
f:id:ChihaYuu:20141011225055j:plain

テキストを入力したい場所でドラッグ。入力枠が表示されます。
f:id:ChihaYuu:20141011225646j:plain

文字を入力します。フォントサイズなどはお好みで。
f:id:ChihaYuu:20141012084127p:plain

入力が完了したら、テキストを吹き出しを出したい場所まで移動させておきましょう。下準備が出来たので、次は吹き出しを書いていきましょう!

4.吹き出しを描画
レイヤーウインドウで「レイヤー」を選択しておいてください。
f:id:ChihaYuu:20141012095949j:plain

「ツール」→「選択ツール」→「自由選択」を選択。
f:id:ChihaYuu:20141012090231j:plain

好きな形で吹き出しを書いていきます。。
f:id:ChihaYuu:20141012090514j:plain

5.吹き出しに背景色をつける

上記工程まで出来たら、次は吹き出しに背景色を付けます。
「編集」→「背景色で塗りつぶす」を選択。白で塗りつぶしてください。
f:id:ChihaYuu:20141012091033j:plain

こうなります。
f:id:ChihaYuu:20141012091815j:plain

このままじゃ吹き出し?って感じなので、白枠の周りに枠線を追加します。

6.枠線追加
「ウインドウ」→「ドッキング可能なダイアログ」→「ツールオプション」
f:id:ChihaYuu:20141012093401j:plain

「ツール」→「描画ツール」→「鉛筆で描画」
f:id:ChihaYuu:20141012093634j:plain

ツールオプションを下記設定にしてください。
f:id:ChihaYuu:20141012093738j:plain

「編集」→「選択範囲の境界線を描画」を選択。
f:id:ChihaYuu:20141012100226j:plain

下記設定にしてください。描画をクリック。
f:id:ChihaYuu:20141012100349j:plain

完成

吹き出し文字を入れる事はできたでしょうか。
自由な形の吹き出しの作成が可能なので、是非オリジナリティのある吹き出しを作成してはどうでしょうか。

説明が下手で、上手く伝わりきってないかもしれませんが・・・
上手くできないという方は、コメント欄などに書いていただければ随時返答します。