読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちじょうみだれがき

役立ち情報から雑記まで幅広いジャンルを展開するブログ。

【Google Analytics】直帰率が異常に低い時はトラッキングIDの重複を疑え

直帰率が異常に低い


Google Analyticsを久しぶりに開いてみると、直帰率が異常に低い。
数時間あたまを悩ませたちはゆうです。結論から書くと、原因は自分だった。


直帰率

直帰率とは、1 ページしか閲覧されなかったセッション(ユーザーが閲覧を始めたページから、他のページに移動することなく別のサイトに移動したセッション)の割合です。


直帰率は、1ページだけ読んで帰った人の割合なので、一般的には低ければ低いほど良いサイトとされています。直帰率の平均は、一般的に40%程度と言われています。


ブログ系であれば、60%程度で収まっていれば優良ブログだと思います。

このブログの直帰率は、なんと0.44%


ウルトラ超ミラクルスーパー優良ブログ!!
f:id:ChihaYuu:20161203145453j:plain


いや、絶対におかしい...
ここまで低いのには何か理由がある。そう思って調べた結果、やっぱり重大な原因があった。ブログを開設して数年、僕はずっと間違った設定をしていたのだ。

原因


直帰率が異常に低くなる原因はおそらく


トラッキングIDの重複


Google Analyticsで解析を始める場合


「設定」→「詳細設定」→「解析ツール」のGoogle Analytics 埋め込み


ここにトラッキングIDを入力することで、すべてのサイトの解析を開始します。


この時点で、Google Analyticsの設定は完了しています。しかし、僕は以下の事を行って、異常な直帰率を叩き出しました。


「設定」→「設定詳細」→「headに要素を追加」


ここに、アナリティクスコードを打ち込んでいました。
これが原因で、トラッキングIDの重複が発生し、異常な直帰率になってしまいました。

最後に


Google Analyticsの直帰率が異常に低い人は、僕と同じミスをしている可能性があるので、一度確認してみてください。


トラッキングIDの重複を修正してからは、正常な直帰率を取得しているので原因はこれで間違いないでしょう。一安心、一安心


一人でも僕のようなブロガーが減ることを願って書きました。困っている人のためになれば嬉しいです。では、ここらへんで

スポンサーリンク