読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちじょうみだれがき

役立ち情報から雑記まで幅広いジャンルを展開するブログ。

知っておけば役に立つWindowsショートカットキー

便利 パソコン

f:id:ChihaYuu:20170210093458j:plain


本記事では、個人的によく使用するWindowsショートカットキーを紹介します。
仕事柄パソコンを毎日使うので、経験上このショートカットキーは役に立ったと思ったものを中心に紹介しています。


ショートカットキーひとつにしても、知っているか知っていないかでWindowsの利便性が違ってきます。ぜひこの記事でしらないショートカットがあり活用できそうなら活用してください。

  • 「Winキー」+「D」

デスクトップを表示。
アクティブウインドウがデスクトップ以外の場合、このショートカットひとつでデスクトップ画面に移動できる。

  • 「Winキー」+「E」

「エクスプローラー」の呼び出し。
素早くエクスプローラーを呼び出して目的のフォルダまで移動しよう。

  • 「Winキー」+「R」

「ファイル名を指定して実行」の呼び出し。
僕の場合、「Winキー」+「R」→ファイル名を指定して実行でcmdと入力しコマンドプロンプトをよく呼び出します。

  • 「Winキー」+「L」

コンピュータのロック、ユーザーの切り替え。
一時的に席を離れるときなどに使用するのが望ましい。

  • 「Alt」+「Tab」

アクティブウインドウの切り替え。
複数のウインドウを開いて作業する人にはオススメのショートカット。

  • 「Alt」+「F4」

開いているウインドウの終了、シャットダウン/再起動メニューの呼び出し。

  • 「Alt」+「PrintScreen」

アクティブウインドウのハードコピー。
クリップに保管されるので、Excelに貼り付けることでエビデンス作成等が楽になる。

  • 「Ctrl」+「Shift」+「Esc」

「タスクマネージャー」の呼び出し。(NT系列のみ)
パソコンの動作がもっさりしてると感じ、不要なプロセスを終了させる為によく使用する。

  • 「Ctrl」+「P」

印刷ウインドウの呼び出し。
メニューから印刷を呼び出さなくても、ショートカットひとつで素早く印刷できる。

  • 「Shift」+「Delete」

削除したいファイルをゴミ箱に残さず削除。

まとめ

ショートカットキーを知っていれば、利便性は格段にアップすると思っています。もし、本記事で参考になったショートカットキーがあれば使用してみてください。ショートカットキーは自分で使わないと頭に残りませんからね。


以上、知っていれば役に立つWindowsショートカットキーでした。

広告を非表示にする