にちじょうみだれがき

役立ち情報から雑記まで幅広いジャンルを展開するブログ。

ピンセットで髭を抜くのが快感でやめられない!髭抜きに潜む危険性とは?

暇があれば、ピンセットでヒゲを抜いてしまう。
痛み無くヒゲが抜けた時の快感は忘れられない。

男性陣なら、一度はピンセットでヒゲを抜いたことがあるでしょう。あるよね?

一度抜き始めると、やめられない!とまらない!
まるで「かっぱえびせん」だよ。

ヒゲ抜きは、簡単にできるヒゲのメンテナンスですが、以下の危険性があるので、十分注意してください。

ヒゲ抜きに潜む危険性

・埋没毛

埋没毛(まいぼつもう)とは脱毛・剃毛・除毛などの処理を行った後、何らかの原因で皮膚内で発毛・成長してしまった体毛のことである。埋もれ毛・埋まり毛とも呼ばれる。

埋没毛 - Wikipedia

埋没毛は肌の下で、2~3センチ成長する可能性もあります。


・毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)とは、細菌感染症の一種。古くは疔(ちょう)とも呼ばれてきたが、現代医療現場では毛嚢炎と呼ぶのが一般的である。

毛嚢炎 - Wikipedia

素人目では、ニキビと同じに見えます。
あまり酷く悪化すると、医者にお世話になる可能性があるので注意。


・色素沈着

色素沈着は、肌の刺激により、表皮に存在する色素細胞(メラノサイト)から過剰に分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着して起こる現象。

色素沈着のケア|皮ふ科医に聞く ミニ知識|d プログラム(d program)|資生堂

ヒゲ抜きでポピュラーな副作用。僕も最近気になってきたんですよね。

それでもやめられない、ヒゲ抜きの魅力ってなんなんだろう。
抜いても抜いても生えてくるから永久機関だからか?


ヒゲ抜きが趣味になってる自分がいるのが怖い

正しいヒゲ抜き方法

1.暖かいタオルや風呂に入るなどして、毛穴を開かせる。
2.手で抜かず、毛をしっかり挟めるピンセットを使用する。
3.抜いた後は、ローション等での保湿を忘れない。
4.日焼け止めを塗るなどして、紫外線対策をする。


ここまでやるなら、ヒゲ抜かずに剃るわ。


ヒゲ抜きは、手軽にできるヒゲのメンテナンスですが、危険性もあるってことですな。

全ては自己責任で。